肌の悩みを解決する方法|二重手術や目頭切開で顔のコンプレックスを解消しよう

二重手術や目頭切開で顔のコンプレックスを解消しよう

肌の悩みを解決する方法

美容整形

あざは一回できてしまうと、ほとんどが自然には治りません。そのため、美容外科などの病院で、治療することが必要になります。しかし、あざの種類は複数あるので、美容外科などで見てもらって、自然に治るのであれば、自分の自然治癒力で治し、無理であれば美容外科で治療することが大事なります。

顔のあざの治療方法は様々で、メスをいれて切ったりする方法もありますが、手術後に肌が突っ張ってしまって、顔がゆがんでしまう可能性が高いため、メスをいれて切ることはあまりしません。そのため、顔の形状をほとんど変えずに治療できる、レーザー治療をする美容外科がほとんどです。レーザー治療であれば、あざだけを集中的にレーザーをあてることで、あざの周辺にある肌を傷つけずに、治療することができます。そのため、顔の形が変わらないので、非常に人気がある方法の1つです。また、レーザー治療は、あざが浅ければ、あまり痛みを感じずに治療ができますし、深いあざでも、麻酔を使うことで、あまり痛みを感じずに治療することができます。しかし、レーザー治療で出来る範囲は限られているので、あざがすごく大きければ、メスをいれて治療しなければなりません。ところが、最近の医療技術は進化してきているので、メスをいれても、顔のバランスを変えること無く、きれいな仕上がりを保つこともできます。

あざの治療ができる美容外科はたくさんあるので、自分にあった美容外科を見つけることが大事です。最近は医療用レーザーの登場によって様々なお肌のケアが可能になりました。そのため気になるお肌のあざも綺麗に消し去ることができるようになっていますが、実際に治療を行なった場合には術後のケアも気になるものです。あざの種類によっては一度で取れることがないこともあるので、何度かに分けてケアして行く必要もあるでしょう。短期間での連続してのケアはお肌に反対にダメージを与えてしまうことにもなるので注意しましょう。